サザエさん症候群の対策5選。日曜日の憂鬱感を解消する方法とは?

子どもの頃から日曜日の夕方~夜は憂鬱な気持ちで過ごすことが多かったです。

あやぞぅです。

いわゆるサザエさん症候群っていうヤツ。

サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん)とは、日曜日の夕方から深夜、「翌日からまた通学・仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称である。ここでは、同じような症例のブルーマンデー症候群 (Blue Monday) についても取り扱う。

出展:Wikipedia

翌日からは学校や仕事か…と思うと、憂鬱な気持ちでいっぱいになっちゃうんですよね。

会社員になってからは学生時代よりもさらにひどかったですが、自分なりにいろいろ対処法も考えて、少しでも憂鬱な気持ちが和らぐように、工夫していました。

という訳で、私がやっていた日曜日の憂鬱感が和らぐ方法について書いてみたいと思います。

具体的な行動レベルの解決策から気休め的なものまで、いろいろあります。

では、どうぞ~

<スポンサーリンク>



対策① 人と会って話をする。

人と会って話をしていると、明日のことを考えたり憂鬱になったりする暇がないので、おすすめです。

もし誰かと一緒にいても憂鬱なら、それをその人に話してしまえば良いですし。

「あぁ、明日から仕事、憂鬱なんだよなぁ~」と。

励ますか共感するかしてくれるでしょう。

一人で憂鬱でいるよりは断然心が楽になるはずです。

私も実際効果はかなり感じました。

憂鬱になりたくないから日曜日予定入れる、ということはなかったですけどね。

でも、やっぱり人と会っている日曜日の方が、家にいる日曜日よりも断然憂鬱感は少なかったです。

ただ人と会ったり出掛けたりするとそれなりに疲れるので、日曜日はゆっくりしていたい…という人にはおすすめ出来ないかもしれませんが。

(ちなみに、私自身がそういうタイプだったので、この方法はあまりやっていなかったです。)

対策② 無心になれる趣味に没頭する。

この方法は、家にいても外にいても、1人でいても誰かといても出来るのが良いところです。

当たり前ですが、日曜日に憂鬱になる理由は、明日からの仕事や学校のことを考えてしまうから。

要は、考えなければ良いのです。

だから、余計なことを考えなくて済む上、無条件に楽しい気持ちになれる趣味ややりたいことに没頭すれば良い訳です。

でも、好きなことならなんでも良い訳ではありません。

やりながら別のことを考えられるようなものはダメです。

なぜならやりながら、別のこと=明日の仕事など憂鬱のタネになること、を考えてしまい、結局憂鬱な気持ちになってしまうからです。

私の長年の趣味はあみぐるみ作りですが、これはダメでした。

あみぐるみ作りながら明日の仕事のこと考えちゃうから。

ですので、、面白い映画や動画を見たり、ゲームをしたり、本を読んだり、その世界にどっぷり浸かってしまえるようなことが良いと思います。

<スポンサーリンク>



対策③ 掃除をする。

意外かもしれませんが、掃除をすることは憂鬱な気分を吹き飛ばすのに効果的です。

③では、やりながら他のことを考える余地があると良くないということを書きましたが、掃除は例外だと思います。

掃除しながらもいろいろ考えてしまうのですが、マイナスな思考には陥りにくいのです。

むしろ、プラス思考になります。

メカニズムは良くわかりませんが…

この方法の一番の利点は、家もきれいになることです。

憂鬱な気持ちにもならず、きれいにもなって一石二鳥!

また、掃除の結果として家がきれいになったから気分が上向くという訳ではなく、掃除をしている最中から気分が良くなってくるというところもすごいところです。

よく掃除の魔法とか言いますが…

そうかもしれません。

ただ、この方法の弱点は掃除すると疲れるというところです。

日曜日の夕方以降にあまり疲れたくはないですよね?

気分が乗って大掃除になりすぎないよう注意が必要です(笑)

対策④ 今後どうなりたいか?理想や妄想をノートに書きまくる。

憂鬱になる理由がはっきりしている場合、一番効果的なのはこの方法です。

今憂鬱に思うことが今後どう展開していったら良いか、自分の理想や妄想をノートに書きまくるのです。

たとえば、職場の雰囲気が悪くて仕事がやりづらい、だから会社に行きたくない、という状況だったとしましょう。

その場合は、ノートに、

・上司の●●さんが転勤して、新しく優しい上司が来て良かった。

・職場の雰囲気が明るくなって仕事がやりやすくなった。

・職場の雰囲気が良くなったら、業績も上がって良かった。

などといったことを書くのです。

ポイントは、憂鬱のタネになっていること以外も、思いついた理想や妄想はどんどん書くことです。

叶えたいことは仕事以外にもあるはず。

美味しいものが食べたい、旅行に行きたい、恋人が欲しい…などなど。

そういったことも全て書いて行きます。

そうすると、何が起こるか…

とにかくすごく良い気持になります。

書いている時点では、理想も妄想も何一つ現実のものになっていないのに、です。

また、書いているうちにそれがいつか現実になるような気がしてくることもあります。

そして、もっとすごいのは、実際に現実になることもあるというところです。

そこまでは信じられないにしても、ノートに書いただけで、憂鬱とは程遠い気持ちにはなるので、それだけでもやる価値はあると思います。

ちなみに、本題とはちょっと離れてしまいますが、自分の理想や妄想を叶えるためのノートの書き方なら、こちらがおすすめです。

この話はまた長くなるので、別記事にします。

対策⑤ 日曜日はそういうものだと諦める。

①~④までいろいろ書きましたが…

それでも憂鬱が晴れない場合は…

最終的には諦めるしかありません。

対処法でもなんでもないように思えますが…諦めることで少しは楽になることもあるのです。

ポイントは、『日曜日に憂鬱になるのは自分だけじゃない。当たり前のこと。人類共通の心理だ。』と思うことです。

休みの日が楽しいからこそなる訳だしね。

…極論を言えば、しょうがないことなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみに、個人レベルでは出来ない解決方法ですが、週2日の休みを、土日ではなくて日曜日と水曜日にする、などといった方法もあるんじゃないかとも思っています。

そうすれば、5連勤ではなくなるので、憂鬱感も和らぐのでは?と。

でも、明日から仕事や学校だ!という日が週に2日になるから、逆効果ですかね…

日曜日に憂鬱になるというのは永遠のテーマですね、きっと。

また何か良い対策を思いついたら記事にしてみたいと思います。

<スポンサーリンク>



コメント

  1. カイキ より:

    ブログランキングから訪問させていただきました。
    これ、専業主婦の私にも当てはまります!!(笑)
    土日は主人がいることで憂鬱になりますが、土日はこんなもんだ!と諦めたり、掃除に没頭したりするのはとても良いかもと思いました!

    • あやぞぅ より:

      カイキさん>
      コメントありがとうございます。
      主婦の方でもそういうのあるんですね!
      ちょっと驚きました。
      掃除、是非やってみて下さい~
      人によっても何で心が晴れるかは違うかもしれませんが(^^;)

  2. バオウ より:

    こんにちは!
    ランキングから来ました。
    確かにサザエさん見ると
    憂鬱な感じになりますね!
    解消法やってみます!

    • あやぞぅ より:

      バオウさん>
      コメントありがとうございます。
      自分なり考えていた、サザエさん症候群からの脱し方です。
      少しでも参考になれば嬉しいです。

  3. まるい より:

    こんにちは。
    私は半分諦めているので、どちらかというと
    考えないようにしています。
    掃除をするという方法もいいですね!
    これから年末ですし、大掃除も兼ねて
    やってみたいと思います。

    • あやぞぅ より:

      まるいさん>
      コメントありがとうございます。
      半分諦めてる…それも大事ですよね、きっと。
      考えたらもうすぐ年末ですもんね。
      早めの大掃除と思ってやるのもいいかもしれません。
      今無職なので、サザエさん症候群はないのですが、普通に掃除頑張りたいです。

  4. かいどう より:

    初めまして。ブログランキングからきました。
    私も昔から日曜日の夕方から憂鬱でした。
    掃除という方法はとてもいいですね!
    平日は簡単に済ませてしまっているところを
    日曜日にのんびりと(疲れない程度に)やれば
    気分もお部屋もスッキリして一石二鳥ですね!
    早速、今度の週末にやってみようと思います。

    • あやぞぅ より:

      かいどうさん>
      コメントありがとうございます。
      やっぱり日曜日の憂鬱感ってありますよね。
      掃除で解消できるなら一石二鳥!
      私自身は掃除自体はあまり好きではないのですが、モヤモヤ解消メインでやっていた時がありました。
      是非試してみて下さい。