とりあえずの3年が過ぎ、5年が過ぎ、10年も過ぎた私が思うこと。

こんにちわ。

明日からまた仕事と思うと、早くもユーウツな気持ちになっています…

あやぞぅです。

まだ昼すぎなのに。

なんて勿体ない!

でも、連休の最終日、そういう気持ちになることは私はとっても多かったです。

あるいは、普通の土日でも、日曜日の夜はいつも悶々。

…仕事が好きじゃない社会人あるあるではあると思いますが。

ネット広告で、「『とりあえず3年』の3年が過ぎました」っていうの見たことありますか?

たぶん転職関連のサイトの広告だと思うのですが、

それが、とても、心に突き刺さる今日この頃です。

私の場合も、いつも、『とりあえず~までは』の繰り返しでした。

最初は、とりあえず新卒で辞める訳にはいかないと思っていました。

その次は、まさにあの広告の通り、とりあえず丸3年勤めるまでは頑張ろうと思っていました。

このあたりまでは、辛いことがあっても辞めたいと思っても、本心ではもうちょっと頑張りたいと思っていたような気がします。

本心から仕事を辞めたいと思ったのは、最初の3年が過ぎてから。

今の仕事は向いてない&好きじゃない ことはその頃には自分の中で決定的でした。

頑張っても無理だ、そしてそもそも好きなことじゃないから頑張りたくない。

そんな感じでした。

他にやってみたいこともあり、そっちの方向に行きたいと漠然と思っていました。

(ちなみに、当時の私は編み物の資格を取って編み物講師になるか、手芸店で働きたいと思っていました。)

でも、その後も、結局仕事を辞めることにはならず、今に至ります。

とりあえず、実家を出るまでは…(親に仕事を辞めることを猛反対されていたので)

とりあえず、30になるまでには…

今は異動したばかりで無理だから、とりあえず落ち着くまでは…

ここまで来たら、とりあえず10年働いてみてそれから考えるか…

その繰り返しでした。

結論から言うと、3年過ぎた時に思ったことは、未だに全く変わっていません。

向いてない、好きじゃない、仕事辞めたい。

10年過ぎて思ったけど、たぶん今後も変わらないと思います。

これ以上同じところにいても、同じことを考え続けて、無駄な時間が過ぎるだけ。

とりあえず~までは…

いつか、いつか…

って思っていても、自分の思い通りに生きられる『いつか』は来ないとしみじみ思います。

…ってこれを、1年後も2年後も…あと10年経っても考えてたら怖いよね。

でも、自分から動かなければ、その可能性は多いにある。

『とりあえず』はもう辞めます。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする