青春18きっぷで、新幹線ワープしつつ、名古屋~京都間を電車旅した話。

こんにちは。

年末に、青春18きっぷを使って一人旅してきました。

実は青春18きっぷを使うのは初めてだったのですが~…

どこへ行こうか、いろいろ考えた結果、めちゃくちゃ邪道な使い方をすることになりました(笑)

…という訳で、今回のテーマは、

青春18きっぷを使って、年末に一人旅した話

・旅行の行程

・青春18きっぷの残り4枚を12月末に売ったらいくらになったか?&収支

などといったことについて、書いてみたいと思います。

毎度のことですが、今回の記事も長いです(笑)

それを踏まえて、どうぞ~

<スポンサーリンク>



年末に青春18きっぷで一人旅しよう!と決めるまで。

今回の年末年始のお休み、私の場合は9連休でした。

(2019年12月28日~2020年1月5日)

世の中的には、同じ期間休みという人は結構多いと思うのですが、

私は今までの会社員生活でこんなに長く休めたことはありませんでした。

(前職の銀行は12月31日~1月3日が年末年始休みだったので、土日とつながっても6連休が最大)

あやぞぅ

9連休もあるの…!?

これは…

前からずっと行きたいと思ってた、

青春18きっぷを買って旅に出るしかない!

そう、もう長いお休みが嬉しくて嬉しくて舞い上がりましたね(笑)

青春18きっぷについては、簡単にまとめると、以下のような感じです。

青春18きっぷとは…

・毎年、夏、冬、春に販売される。

・JRの普通列車が1日乗り放題になる。

・快速は乗れるが、特急は原則乗れない。(例外あり)

・5日分がセットで販売される。

・現在の価格は、12,050円。(1日あたり2,410円)

・複数人で使うことは可能だが、バラして譲渡したりすることは出来ない。

・年齢制限はない。

ちなみに、2019年冬季の発売期間&利用期間は、

【発売期間】12月1日~12月31日

【利用期間】12月10日~1月10日

です。

あやぞぅ

1月10日までか…

12月中は仕事が忙しそうだし、年始もいろいろ予定が入ってるから、

使うとしたら本当に年末の数日間しかない…

5枚は絶対使いきれないけど、まぁー残った分は売れば良いよね。

いくらで売れるかわかんないけど。

今回はそんなノリで買ってしまいました。

今まではずっと5枚絶対使いきれないし~…と思っていたんですが。

そんなこと言ってたら、永遠に青春18きっぷが気になる…!と思ったまま終わりそうだったので、

買ってみちゃうことにしたのでした。

ちなみに、5枚使いきれないなら、誰かを誘えば?という気もしますが、

今回はどうしても一人旅したかったというのもあり、それはやめました。

一人旅…好きなんですよね。

定期的に一人旅したくなるのです。

一人でどこか遠くの駅に降り立ち、その日その時の気分でどこへ行ってもOK!という状態になった瞬間…

最高に開放された気分になれるので。

青春18きっぷで一人旅、行先はこう決めた!

で、行くと決めたら、あとは行先です。

東京出発だと、どんなコースがあるのか、

ネットやら本やらを駆使して、いろいろ考えました。

あやぞぅ調べ!東京発の青春18きっぷのモデルコース

・東海道線の旅(静岡県~愛知県あたりを観光し、名古屋まで行く)

・中央本線の旅(山梨県~長野県あたりを観光し、名古屋まで行く)

・千葉県房総半島1周の旅(内房線、外房線等)

・北関東周遊の旅(高崎線、両毛線、宇都宮線、常磐線等)

・仙台を目指す旅(常磐線、宇都宮線、東北本線など)

いや、実際はもっともっともーっと、この何倍もモデルコースはありますが、

現実的に私が検討したのはこのあたりです。

青春18きっぷと言えば、1日でいかに遠くまで行けるか、それを目指すのが醍醐味!みたいなところあると思うのですが、

根っからの乗り鉄という訳でもないのに、長距離乗るのは無理だろうな…と思って。

もうこの時点で、青春18きっぷに向かない気もするのですが、まぁ良いのです(笑)

で、さらに、いろいろ考えました。

あやぞぅ

千葉1周や、北関東を回る旅なら、そんなに長距離乗らなくて良さそうだけど、

乗ったことある区間も多いしな~…

仙台は行ってみたいけど、遠いし、この時期は寒そう…

…となると、東海道線経由で名古屋まで行く旅が良さそうだけど、

ロングシートの列車だから疲れそうだし、青春18きっぷの時期は混雑するみたいだしな~…

う~ん…

どのコースを選んでも一長一短ありそう…

そんな私は途中で、『新幹線ワープ』なる言葉を知るのでした。

新幹線ワープとは…

青春18きっぷを使いつつも、

別に料金を払って、一部の区間は新幹線に乗り、

効率良く列車旅行をすること

(注:意訳してます)

あやぞぅ

新幹線ワープ…それめっちゃ良くない!?

青春18きっぷも使いたいけど、一人旅と言えば、久々に京都にも行きたいと思ってたんだよね~…

青春18きっぷを使いつつ、新幹線も使って、

そうだ!京都にも行こう!(笑)

折角の貴重なお正月休みだもん、

どうせなら、ちょっとくらいお金かかっても良いから、

やりたいこと全部やっちゃえ!

…とまぁ、そんなことを思って、旅行の行程を決めたのでした。

それはこんな行程です。

【1日目】

東京~名古屋 ⇒ 新幹線

名古屋~(途中下車しつつ)~京都 ⇒  青春18きっぷ

【2日目】

京都観光 (青春18きっぷは使わず、市バスや市営地下鉄など利用)

京都~東京 ⇒ 新幹線

青春18きっぷを使う区間、めちゃくちゃ短い…

そして、一泊二日なのに、青春18きっぷ1枚しか使わない…

でも、自分のやりたいことを優先してみました。

で、結果、こんな使い方する人いないだろ~という邪道な使い方となりました。

<スポンサーリンク>



青春18きっぷで一人旅、旅の行程

ここからは、実際にどんな風に旅行したか、様子を一挙公開です。

【1日目】東京⇒名古屋(新幹線)

自宅を出て、まずは東京駅へ。

東京からは新幹線で名古屋を目指します。

しょっぱなから、新幹線ワープ!

東京~名古屋間なので、普段だったらのぞみを使うのですが、

ちょっとだけ安かったので、今回はひかりにしてみました。

富士山見えるかも…と思って期待してたけど、見えず…

あやぞぅ

熱海過ぎたあたりでスタンバってたのに…

東京~神奈川あたりではきれいに見えてたけど、なかなか難しいね。

あとは、浜松で駅名表示を写真に収めたりしつつ…

名古屋に到着。

ひかりでも2時間でした。

東京・名古屋間は新幹線だと近いですね。

名古屋駅ではきしめんを食べました。

9時くらいだったんだけど、駅のホームのきしめんがどうしても食べたくて。

有名な住よし

食べたのは、玉子入りきしめん(410円)

あやぞぅ

美味しかった。

ちょっと味薄め?とも思ったけど、それは私が関東人だからかな(笑)

【1日目】名古屋⇒蒲郡(青春18きっぷ・東海道本線)

そして、名古屋からはいよいよ青春18きっぷに乗って、列車旅~

東京駅で買っておいた青春18きっぷ、1日目に日付を入れてもらいました。

最初の行先は、蒲郡

ちょっと見えにくいですが、赤で囲ってある部分です。

京都とは逆方向なのですが、行ってみたかったので行くことにしました。

ごく普通の都市部や市街地を走る在来線という感じではありましたが、

乗ったことない電車に乗るだけでテンションが上がります。

そんなに混んでいなかったので、窓際の席でした

車窓を見てるのがすごく楽しかったです。

…の割には、そんなに良い動画は撮れてないんだけど。

途中、岡崎なども通り過ぎつつ…

蒲郡に到着!

余談ですが、JR東海の駅名看板ってなんかかわいいですよね。

赤っぽい配色だからかな?

乗ってきた電車は豊橋行きで、こんな列車です。

<スポンサーリンク>



【1日目】蒲郡観光~竹島水族館~

蒲郡についてすぐ、まずは竹島水族館に行きました。

蒲郡駅から徒歩10分くらい。

駅から歩く人がほとんどいなくて、えー…と思ったのですが、

竹島水族館に着いたらすごい人でした。

家族連れの皆さん…車で来るのが主流なんですね。

入館するのも行列。

中に入ってからも大混雑で、列に並んで順番に見て行くような感じでした。

竹島水族館と言えば、規模は小さいながらも面白い展示をしていることで有名な水族館です。

実際すごい面白かったですね。

解説文…というよりは、雑貨屋さんのポップみたいな感じだし。

ポップが面白かったのもありますが、展示されてる魚もかわいくて目を引くのが多かった気がします。

水族館、好きだけど、私の場合は魚に興味がある訳ではないので、

見てかわいいかどうかが一番の注目ポイントだったりします(笑)

あとは、竹島水族館と言えば、大人気なのがカピバラ。

そして、日本で唯一カピバラショーをやっているのも有名だそうです。

ただ、人が多すぎて、あまりよく見えなかったですが…

人の隙間から奇跡的に取れた1枚。カピバラくん、立ち上がってます。

これでも嬉しかったのですが、ショーが終わった後に、結構間近で見ることが出来たので、

それもまた良かったです。

あやぞぅ

モグモグしてるカピバラ…かなりツボ!

お兄さんとの掛け合いもちょっと面白かった!

台詞

【1日目】蒲郡観光~竹島~

竹島水族館の後は、竹島に行きました。

竹島水族館のすぐ裏手は海になっていて(三河湾)

そこに浮かぶ小さな島。

あやぞぅ

海がものすごくきれい!

お天気も良いし、すごいインスタ映えする景色だわ~

一本橋でつながっていて、

橋を渡ると、鳥居が。

八百富神社です。

八百富神社を参拝して、

そのまま進んでいくと、島を一周出来るようになっていました。

島の裏手も絶景でした。

<スポンサーリンク>



【1日目】蒲郡⇒彦根(青春18きっぷ・東海道本線&東海道山陽本線)

竹島水族館&竹島を観光したところで、次なる目的に向けて移動しました。

本当は竹島温泉にも入りたかったんだけど、時間がなく…

それどころか、お昼ご飯すらゆっくり食べられずに、電車に乗り込みました。

あやぞぅ

蒲郡、良いところだけど、駅前にはお店とかあまりない感じ…

結局、キオスク的なところで買った肉まんをホームで食べました(笑)

次なる目的地は彦根です。

路線図を見ると、こんな感じです。

蒲郡からは新快速に乗りました。

中部地方や関西圏はとにかく新快速が早いという話を聞いていたので。(ネット調べ)

具体的にはコレで↓

その前に快速も来ていたのですが、わざわざ新快速を待って乗りました。

ですが…乗ってから調べたところ、

大垣行きの新快速ではなく、米原行きの快速に乗った方が

乗り換えも少なく、楽に、早く行けることが判明…!

あやぞぅ

ちゃんと調べれば良かった…

乗りなれない電車はやっぱり難しい…

でも、青春18きっぷの旅らしくなってきた…!

名古屋を出たらあっという間に岐阜

岐阜に着く頃には夕暮れみたいな景色…まだ15時前なんですけどね。

そして、乗り換え駅の大垣へ。

大垣と言えば、「大垣ダッシュ」が有名ですよね。

大垣ダッシュとは…

大垣駅で乗り換える時、走ること。目的は座席確保のため。

名古屋方面からでも関西方面からでも、大垣駅は乗り換え駅となっており、

座席の争奪戦が繰り広げられるため、皆走るということだそうです。

青春18きっぷの時期は特に激しく、

なかでもムーンライトながら(東京~大垣間を走行している夜行列車)が到着した時の

大垣ダッシュは大変なものらしい…

という情報をネット経由で得ていました。

なので、大垣駅で乗り換える時はドキドキしていました(笑)

あやぞぅ

大垣ダッシュ…押されたりしたらどうしよう… 

なんなら、私もちょっと走った方が良いのかな?

米原まで35分くらいあるから座れるなら座りたいし…

でも、蓋を開けてみれば走る人はおらず(そもそも後続列車は大垣始発じゃなかったし)、

私はすごく運が良くて何故か座ることが出来ました。

ちなみに、旅行から帰ってきて知ったことですが、

今は大垣ダッシュってあまりないらしいです。

ムーンライトながらと接続している電車も、走らなくても普通に座席は確保出来ることが多いみたいです。

ダイヤや車両数の関係かな?

で、大垣駅の後は、関ヶ原とか

柏原とか

醒ケ井(さめがい)なんて変わった駅も通りつつ

米原で乗り換えして

(米原の駅名表示は取り忘れたけど、こんな電車↓)

ようやく彦根に到着です。

【1日目】彦根観光~彦根城~

彦根に着いたのは16時ちょっと前でした。

彦根観光については、

あやぞぅ

彦根に着いたら、レンタサイクルを借りて、彦根城をざーっと見た後、琵琶湖まで行ってみよう!

彦根城、そこまでゆっくり見なくても良いし、頑張ればなんとか回れるよね~

とか思っていたのですが、

駅前のレンタサイクル、年末のため2軒とも休業中で、大誤算…

しかも、レンタサイクルを探しまわるのに、結構時間もかかってしまったため、

気付いたら16時20分くらいになってました。

あやぞぅ

あとは、駅にある、ひこにゃんパネルひこにゃん駅スタンプに興じてたせいもあるけどね…(笑)

彦根駅から歩いて10分くらいで彦根城に到着。

彦根城は17時までで、あと30分くらいしかなかったのですが、お腹があまりにも空きすぎてしまったので、

登る前に近江牛コロッケ食べたりもしました。

あやぞぅ

だってお昼は肉まんしか食べてないし、

折角、滋賀にきたんだから少しでもご当地っぽいもの食べたくて…

近江牛コロッケはなかなか美味しかったです。

近江牛感があるか…と言われたら、それはわからないけど(笑)

で、ようやく彦根城に登ります!

残り20分くらいしかなかったのですが、お城にたどり着くまでがなかなか遠かった…

彦根城は高台にあります。

近そうに見えるとけど、ここに辿り着くまでには結構な上り坂&階段が…

でも、なんとか時間内にたどり着けたので良かったです。

(時間は結構ギリギリだったけど)

お城に着く頃にはもうちょっと暗くなってましたが。

(お城の前にあるのも、ひこにゃんパネルです)

天守閣からは琵琶湖も見ることが出来たしね~

あやぞぅ

琵琶湖、見られて良かったー

滋賀に来た甲斐があった!

近くまではいけなかったけど、かろうじて見ることが出来たので、良かったです。

そうそう、彦根城では、ひこどらも買いました。



ひこにゃんがプリントされたどら焼き。

彦根から乗った電車内で食べたのですが、美味しかったです。

<スポンサーリンク>



【1日目】彦根⇒草津~近江ちゃんぽん食べる~(青春18きっぷ・東海道山陽本線)

彦根を後にする頃にはすっかり真っ暗。

東海道山陽本線に乗り込み、あとは京都に向かうのみ…と思ったのですが、

思い立って、草津駅で降りてみることにしました。

理由は、近江ちゃんぽんが食べたかったから。

いや、彦根駅で見かけて気になっていたのですが、まだ夕飯には早くて諦めたんですよね。

でも、やっぱり…と思って、調べたら彦根にもお店があることがわかったので、
行ってみることにしたのでした。

近江ちゃんぽん亭というお店で…

近江ちゃんぽん亭総本店HP

特製ちゃんぽん(並930円)

スープのだしがきいていて、やさしい味で、美味しかったです。

ただのちゃんぽんじゃなくて、特製にしたら具たっぷりでかなりお腹にもなりました。

草津は普通に栄えてる地方都市の駅という感じでしたね。

草津と言えば、関東人としては温泉で有名な群馬県の草津を思い浮かべますが、滋賀県にもあるんだなーと思ったり。

ちなみに、草津駅というのは広島にもあるみたいです。

【1日目】草津⇒京都(青春18きっぷ・東海道山陽本線)

そして、そのあとは京都へ。

新快速だと20分ちょっとで着きます。

あっという間。

京都と言えば…京都タワー

で、2日目は1日京都観光の予定だったので、

1日目の夜に京都駅付近の金券ショップで青春18きっぷを売りました。

いくらで売れたか&収支は後述します。

【2日目】1日京都観光(地下鉄・バス1日券)

2日目は丸1日京都!

京都は大好きで何回も一人旅しています。

あやぞぅ

京都好きすぎて、社会人2年目くらいの時からほぼ毎年行ってる…!

京都は、地下鉄・バス1日券を使って回りました。(900円)

京都は青春18きっぷの旅ではないので、ざーっとご紹介。

前田珈琲でモーニングしたり

青蓮院門跡でお庭を堪能したり

知恩院でもお庭を堪能したり(お庭好きなのです♪)

八坂神社でお参りしたり

鴨川を見たり

街ブラしたり(錦市場新京極河原町寺町通りなどなど…)

あとはランチしたり、カフェでお茶したり、そんな1日。

午前中は雨だったりもしたので、あまりお寺などは回らず、

まったりコース。

そして、2日目の夜に、新幹線で京都から東京まで帰りました。

ただ、勘の良い人ならお気付きかもしれませんが、

地下鉄とバスの1日乗車券は買わなくても良かったです(笑)

(元取れてない…)

でも、あれを買って、

電車賃とかバス代とか気にしないで1日どこでも好きなところへ行けるぞ~

っていうのが良いので、しょうがないんですけどね。

<スポンサーリンク>



青春18きっぷ残り4枚いくらで売れた?収支は…?

定価(12,050円)で購入した青春18きっぷ。

1日分だけ使って、残り4日分残った状態で、京都駅の金券ショップで売りました。

いくらで売れたかというと…6,000円!

定価の半分くらいで売れた感じです。

ちなみに、売ったのが12月29日の夜。

今回の青春18きっぷは、

【発売期間】2019年12月1日~2019年12月31日

【利用期間】2019年12月10日~2020年1月10日

なので、利用期間を12日残した状態で売ったことになります。

この金額が妥当なのかどうか…

また、売るタイミングもこれで良かったのか、どうなのか…

そのあたりはよくわかりませんが、残り4枚は間違いなく使わないので、
あまり深く考えず、早々に売りました。

で、問題は青春18きっぷを利用しての収支です。

12,050円-6,000円=6,050円

千円以上のマイナス…!

あやぞぅ

正直言って、かなりバカだと思うけど、

でも、今回はどうしても青春18きっぷを使ってみたかったから、

まぁ、よしとしよう…うん!(笑)

台詞

ただ、ここにさらに、行き帰りの新幹線代や2日目の地下鉄&バスのフリーチケット代もかかってると思うと、怖いですけどね…

(怖いので、計算はしません・笑)

まとめ

以上、

青春18きっぷで新幹線ワープしつつ、名古屋~京都間を電車旅した話

でした。

邪道かつバカな使い方ではありましたが、とにかく楽しかった!

次の、春の青春18きっぷの時期にもまたどこか行ってみたい…と密かに思っています^^

読ん頂いて、ありがとうございました。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする